スコット・マレイ, code artist

D3 チュートリアル [ English ]

  1. このチュートリアルについて
  2. 基礎編
  3. セットアップ
  4. 要素の追加
  5. メソッドのチェイン
  6. データのバインディング
  7. データの使い方
  8. DIV 要素の描画
  9. data() の力
  10. SVG の基本
  11. SVG の描画
  12. データ型
  13. 棒グラフの作成
  14. 散布図の作成
  15. スケール

インタラクティブ・データ・ヴィジュアライゼーション このチュートリアルの書籍版の翻訳がオライリー・ジャパンより発売されました。タイトルは『インタラクティブ・データビジュアライゼーション ―D3.jsによるデータの可視化』です(画像をクリックするとアマゾンに飛びます)。

このチュートリアルを大幅に拡充し、3倍近い内容となっています。JavaScriptを中心に基礎編をさらに詳しく解説し(書籍版第3章)、応用編としてモーション、イベント、レイアウト、地図の作成法、データのエクスポート(PDFやSVG等)の章が追加されています(同9章~13章)。アマゾンのページで目次を見ることができます。

本チュートリアルがわかりにくいと感じられた方、あるいは本チュートリアルを終え、さらに応用力を身につけたいと思われた方のどちらにもお勧めの内容となっています。

翻訳はコンピュータ・プログラミング関連書籍を多数翻訳されている長尾高弘氏です。